家計

【持ち家か賃貸か】どちらもメリット・デメリットはあるがお勧めは借りる方

人によって家に対する意識の在り方が違うので、どちらにするかは自分で決めしかありませんが

個人的には賃貸を勧めます。

賃貸物件

賃貸物件は何十年家賃を払い続けようが自分の資産になることはないので

将来、仕事が出来なくなり収入が減ったときのことを考え家は買ったほうがいいと思う方がいます。

しかし、維持費・固定資産銭などに思った以上のお金がかかるので、買っておけば将来家賃に困ることはない、というのが夢でしかないことにすぐに気づかされるはずです。

それに、転勤させられる可能性がある会社に就職している場合は、せっかく買ったのにすぐに引っ越さなくてはならなくなって、家を買った意味が薄れますし

ご近所づきあいでうまくいかなくても逃げることが出来ない

震災にあたっときに補償されるかどうかも分からない

デメリットが多すぎます。

マンション・アパートの一棟買い

マンション・アパートの一棟買いも選択肢に入れてみるといいかもしれません。

素人が一棟買いするのは少し危険ですが、世帯年収が800万円くらいあって、年間500万円くらいの貯金ができるのなら一棟買いもありかと思います。

3000万円くらい頭金を基に、6~10年築浅物件を1億円くらいで購入する。

間違っても新築のマンション・アパートは建ててはいけません。

デベロッパーに騙されて新築したけど、回らなくなり手放さざるを得なくなった物件を購入すれば

新築の半額位の値段で購入出来るはずです。

マンションを購入すると家賃収入が修繕費や不動産会社に払う広告費などで利益はあまり出ないかもしれませんが、分譲や一軒家を購入するよりも有利になるはずです。

本気で購入しようとする方は不動産に関する勉強を自分でしっかりとして、購入するかどうかを決めるようにしてください。