婚活をする上での注意点

30・40代女性が婚活をするときは「服装」に気を付ける

女性が良いと思う女性と、男性が良いと思う女性のイメージは全く違うと思ってください。自分の中で完璧な女性を演じきっているつもりでも、男性から見ればマイナスなイメージしか持たれないことが多々あります。

メイク

20代の方はよほどメイクが下手でない限り、自分が好きなメイクを貫いても構いません。若さがカバーしてくれます。なので、自分のメイクに特に問題はないと思っているのであれば、何も変える必要はないでしょう。ネットで探せば男にウケるメイクの情報はたくさんあるのでそれをチェックするのもいいでしょう。

しかし、30代、特に30代後半以降はメイクに注意をする必要があります。清楚な女性を好む男性が多いので、つまようじが10本くらい乗るのではないかと思えるようなつけまつげ、チーク・アイシャドウ・口紅が濃すぎる顔と首の色が全然違う、このようなメイクは避けましょう。

とはいっても、メイクが良いか悪いかは、自分では気づかないものです。自分では「絶対にイケてる」と思っているメイクも、客観的に見たら「ありえない」と思われていることもあります。

婚活をしていて、「自分ってあんまり男性ウケしないな・・・」と思っている方は、デパートでプロから自分に合うメイクの仕方を教えてもらってみてはどうでしょうか。

もしかしたら、メイクの仕方を変えるだけで男性があなたを見る目が変わるかもしれませんよ。

もう1つ気をつけなければならないのは、無理していることがわかってしまうメイクです。30代後半の方が20代がするようなメイクをしているのをたまに見かけますが、かなり痛いです。

見た目年齢が20代に見えるなら構いませんが、明らかに無理しているのが分かると確実に引かれます。

ネットで調べれば「男ウケするメイク」がたくさん出てきますよね。しかし、そのほとんどが20代、30代前半の方がやるから男ウケするメイク術です。年齢が不相応の方がやったら本当にひどい結果になりますからね。

服装

20代の方はピンクハウス系の服やパンク系でない限り、自分が好きなものを着て構いません。ファッションに自信がない方は、GU やH&Mとかで構わないので、店員さんに似合いそうな服を選んでもらえば良いと思います。もちろん、正装が要求される場所ではそれなりの服を着ましょう。

服装に注意を払わなくてはいけないのはやはり30過ぎの女性です。婚活をするときにブランド物の服は不要です。でかい装飾品下品さが目立つだけです。ア○ホテルのあの方のように有名であれば問題ないですが、一般人があの恰好をすると衝撃が走ります。稀にですが、本当にいるから驚きます。

一番良いのは、メイクと同じように清楚に見える服装です。原色は絶対に避けましょう。40代の方で赤のワンピースを着て婚活パーティーに参加される方を見たことがありますが本当に浮きます。自分で服を選ぶのに不安な方はお店の方にコーディネートしてもらいましょう。

「見返りブス」ならぬ「見返りババア」という言葉をご存知ですか?

「見返りブス」は後ろ姿がものすごく良さげなのに、振り返るとブスだったというものです。

これが40代からは、若くて美人を想像していたのに振り返るとババアだった・・・。ということになるのです。髪・服装を若作りするのであれば、顔も若くなくてはいけません。30代の方なら頑張ればメイクでどうにかカバーできるのですが、40代になるとさすがに厳しいです。

知らない人も多いのですが、髪や服装が若く見えるのに、顔が老けていたら、その老け顔がさらに強調されてしまうんです。

実際は40代中盤なのに、周りの人は50代と思っている、なんてことはよくあります。かわいそうなのは、当の本人は「上手に若作りができているから、周りから30代くらいに思われているんじゃない?」と勘違いしていることです。

婚活をされている40代以上の方は本当に気を付けてください。

周りの人はあなたが若作りをしているから若く見られたいんだろうということ感じます。だから、実際は50代に見えるのに、「いつも若いね~」とか言ったりします。まるで、裸の王様状態なんですよ。メディアに出られるような美魔女なんて一般人にはまずいないんですからね。