婚活をする上での注意点

結婚相手を焦って探すことにならないよう早めの婚活を

このサイトを見ている人は少なくとも結婚に関心のある人だけなはずです。

ですので、なぜ結婚をした方がいいのかは書く必要がないので書きません。

なぜ若いときに結婚をするべきなのかに焦点を当てます。

早めの結婚を勧める理由は以下の通りです。

  • 年齢が若い方が好条件の人と結ばれやすい
  • 子供を早く産める
  • 将来設計を立てやすい

若い方が好条件の相手と出会える

男性も女性も、年齢が若い方が絶対に好条件の相手に出会える可能性が高くなります。

30代後半で結婚相談所を利用して婚活をされている方からよく耳にするのは、「20代の時に婚活パーティーに行ったら、カップリングが成立する方が多かったのに、30歳に近づくにつれ成立しにくくなった。30代半ばになると、20代とカップルが成立することがなくなった」ということです。

20代で婚活パーティーを利用した婚活をすれば、普通の容姿の方でもコミュニケーションがしっかりと取れればかなりの確率でカップルが成立します。

しかし、年齢が増えていくにつれ、成立することが減ります。

カップルが成立するのが当然という感覚がしみついているので、成立することが減ってきてもなかなかそれに気づけません。

あっ、そういえば最近全然成立していない

と、急に気づくのです。

30代なのに、20代が集まるパーティーに普通に参加し、自分はまだまだ若く見えるから20代のパーティーでも十分やっていけると思っています。

周りから浮いていることに気づかないのです。

もちろん、誰が見てもイケメン・美人という容姿であれば30代でも20代のパーティーで十分カップルは成立します。

しかし、普通の容姿の方はそうもいきません。

20代の中には、「いずれ結婚できるだろう」と思い適当に婚活をしている人が多いですが、真剣に結婚相手を探しておかないと30代になってからは本当に辛い思いをすることになります。

普通の容姿の方は特に20代前半から真剣に結婚相手を探すことを勧めます。

子供を早く産める

「経済的・社会的に許されるなら25~28歳で子供を産みたい」と思っている女性が多くいます。

「若いお母さんでありたい」と思うからでしょう。

30になってから結婚を考えれば間に合うと思っていると、ズルズル時が過ぎていきます。

気付いたら40になって結婚をすることさえ難しくなります。

 

出産適齢期は30代半ばまでと言われています。

子どもが欲しいと思っている人は、できる限り早い段階で子供を産んだほうがいいに決まっています。

40代で婚活をされる方で、結婚をしなかったことで一番後悔していることを聞くと、「子どもがいないこと」が必ずと言っていいほど挙がってきます。

結婚の時期が遅れれば遅れるほど、好条件の相手と結婚できる可能性が減るだけでなく、子供を産める可能性も減ってきます。将来結婚をするつもりのある方は、早めに真剣な婚活をすることを勧めます。

将来設計を立てやすい

「結婚は金銭的に無理」という方もいますが、相手の年収が300万円台であれば豊かな暮らしはできませんが、普通の生活はできます。今の世の中、年収が300万円台など普通です。公務員や上場企業に勤めていない限り30代で年収400万円台をもらえる人すら今後はいなくなるのではないでしょうか。

「30代中ごろになれば年収も上がるだろう、からそのころに結婚をすればいい」という方もいますが、年収が上がる見込みは本当にあるのですか?家庭を持たなければ自由にお金を使えます。そのような金銭感覚のまま結婚をして、家庭の将来設計が狂ったりしませんか?

将来結婚をしたいと思っている人は、「若いときはとにかく遊ぶ」などと考えず、家庭を持った時のことも考えましょう。

年収300万円で結婚をしたなら、家計をやりくりして、いかにして少ないお金で楽しい家庭を築いていくかを考えればいいのです。「お金がない、お金がない」と思っていては不満・不安ばかりが募ります。初めからないもの考えていればなんとかなるものです。

現実に世帯収入が300万円台の家庭はあるのだから、あなたができないわけがありません。