婚活をする上での注意点

代理婚活|親が子の結婚サポートするのは恥ずかしくない

親同士が集まって子供の結婚相手を探すシステムが表れた当初

親が子供の婚活の支援をするなんて恥ずかしい

ということを耳にすることがありました。

今でも否定的な意見を耳にすることがないわけではありませんが、気にする必要はありません。

昔から親がサポートしている

昔は親が子供の結婚相手を探すなんてことしなかった

なんてことを言う人がいますが

明らかに間違いです。

昔は職場や学校などでよい出会いに恵まれなかった人は

仲人の支援で結婚相手を探していました。

でも、

仲人の支援といいますが

親が自分の娘・息子の結婚相手を探すために仲人に支援を求めた結果

支援を受けることになったわけですよね?

時代が平成・令和となり

親が自分の子どもの結婚相手を探すツールが仲人から親同士の交流会に変わっただけなんですから、

親が必死になって子供の結婚相手を探すことは以前と変わりません。

だから、何も恥ずかしいなんて思う必要はないんです。

仲人的役割

代理婚活の利点は

娘・息子であれば選択肢から除外されるであろう相手でも

親同士が良いと思ったら

半ば強制的にでも1対1でお見合いをする方向に進められることです。

また、

結婚相談所ほど手厚い援助はありませんが(結婚相談所が実施している代理婚活は除く)

運営者による後押しもあります。

女性は30歳

男性は35歳

この年齢になってるにもかかわらず

特定の相手がいないし出会う機会もない状況であれば

婚活を子供にまかせっきりになっていては

かなりの確率で一生独身になります。

そうならないために

親が婚活に手を差し伸べてあげましょう。

理想が高すぎるのはダメ

通常の婚活でもそうなんですが

特定の人に人気が集まるのは代理婚活でも同じです。

なので

代理婚活でも理想が高すぎると成功しません。

自分の子どもにはできるだけ良い相手を選んであげたいと思うのは当然ですが

妥協点を作らない限り

代理婚活も時間とお金だけがかかるだけで

結婚までつながりません。

何をどの程度妥協すればいいのか分からない方は

【この2点だけは妥協してはいけない】

を参考にしてください。