家計

【世帯年収300万~500万円でも子ども2人を育てられる】固定費を少なくする

付き合っている相手と自分の年収を合わせても400万円にしかならない人たちが今後も増え続けるはずです。

世帯年収が500万円未満だと子供を育てることに不安を感じ、結婚そのものをあきらめてしまう人たちがたくさん出てきてしまうかもしれないので、500万円未満でもなんとかなるということを事前にイメージしてみてください。

収入に合わせた生活をする

たとえ年収が1,000万円以上あっても貧乏になる人がいます。

そういう人は、自分の年収以上に消費するから貧乏になるんです。

年収が1,000万円なのに、1,500万円使ってしまえば500万円マイナスになりますよね?

そんな当たり前のことを・・・

なんて思うかもしれませんが、

年収300万円の人が

自分では意識していなくとも

年収500万円くらいの人の生活をしようとしていることって意外とあると思うんです。

年収300万円であれば消費を250万円に抑えることができれば50万円プラスになる

固定費

家賃・通信費・水道光熱費、現代社会においてこれらは絶対に必要な費用です。

家賃は収入の3分の1くらいに抑えろ

とよく言われるので、収入が30万なら10万くらいのところを借りたほうがいいと勘違いする方が結構いますが

別に3分の1以下でも問題ないわけです。

福岡市内でも、3LDKの間取りでも5万円台で借りられるところはかなりあります。

無理に10万円の家賃のところをかりなくても5万円台のところを借りれば

それだけで月5万、年間60万くらいの節約は可能です。

仕事で自家用車を使わなければならない

という場合を除けば車を購入する必要はありません。

車がある生活が普通だと思っている人には車はなくてはならないものだと思うかもしれませんが、

普段の生活で本当に車が必要な場面はそこまで多くないはずです。

車の維持費は軽でも年間40万円くらいはかかるので、月に換算したら最低でも3万円くらいは必要になります。

家賃を5万円に抑え、車を手放すだけで月額8万以上、年間100万円は節約できちゃいますよね。

世帯年収400万

世帯年収が400万円くらいだと実際に使えるお金は300万円(月額25万)くらいになるはずです。

家賃、水道・光熱費、通信費、食費、すべて合わせて12万円に抑える。

とアバウトに決めてしまえば残り13万円が浮きます。

13万円のうち5万円を自由に使えるお金と決め、残りの8万円は貯金(年間100万円貯められる)。

必要以上に無駄の多い生活をしている人にとってはそんなことできないと思うかもしれませんが

普通に実現可能です。

仮に自由に使えるお金が400万円であっても、無駄に贅沢をしなければ

年間200万円の貯金もできるようになるので、

25歳で結婚したら60歳までに7000万円貯金ができます。

子供が2人いたとしても、これだけのお金が貯められるなら

教育資金はどうしよう・・・

などと不安に思うことはなくなりますし

老後資金もなんとかなります。

お金に無頓着であるだけ使ってしまう

なんてことをやめれば、お金で苦労することはなくなるので、しっかりと考えてお金を使いましょう。